エコーによるリバプール各プレイヤーのレイティング(対トッテナム戦)


リバプールにとって、非常に厳しい試合となった対トッテナム戦。
ファンの気持ちを思うとき、何らかの打開策を見出してほしいと願わずにいられません。
ただ負けただけでは、あまりにも寂しい。
ここから、何かを得て、次へ活かしてほしいですね。

さて、プレイヤーの出来映えを評価するレイティング。
今回は、エコーがレッズのプレイヤー達をどう見たのか?
そのへんを見直してみたいと思います。

エコーが出した、対トッテナム戦におけるリバプール各プレイヤーのレイティングは、次のとおりです。

シモン・ミニョレ:4

ジョー・ゴメス:4
ジョエル・マティプ:3
デヤン・ロブレン:2
アルベルト・モレノ:6

ジョーダン・ヘンダーソン:6
エムレ・チャン:3
ジェイムズ・ミルナー:5

モハメド・サラー:7
フィリペ・コウチーニョ:5
ロベルト・フィルミーノ:5

アレックス・オックスレイド=チェンバレン(サブ):6

敗戦をした試合ですし、全体的に低い数字となっていますが、エコーとしては、両センターバックに、極めて厳しい評価をくだしていることが分かります。

逆に、最高評価を得たのは、モハメド・サラーということに。

アルベルト・モレノを除くと、ゴールキーパーも含めたディフェンス陣が、のきなみ低評価であることが見てきますね。
途中からディフェンシブな役割を担ったエムレ・チャンも3というレイティングに。

今回の試合に関しては、結果を率直に受け容れて、どこが悪かったのか?を辛くても直視し、今後の糧にする必要があると思います。

レイティングは、指標に過ぎませんが、ここから見えてくるものは、今のリバプールはどこにウィークポイントがあるのか?
そのことを、ある程度は示唆しているように思えます。

何とか改善していきたいですね。

こういったとき、ジョーダン・ヘンダーソンのキャプテンシーにも期待したいと思います。
ぜひ、チームを引っ張って行ってほしいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]