プレミアリーグのタイトルを諦めないシモン・ミニョレ


第11節を終えた時点におけるプレミアリーグは、2位以下が大混戦となっており、ひとつマンチェスター・シティが抜けているという状況になっています。
リバプールは、順位的には現在5位で、2位のマンチェスター・ユナイテッドとは勝ち点差4、首位のマンチェスター・シティとは勝ち点差12というのが現状です。
しかし、シモン・ミニョレは、プレミアリーグのタイトルを諦めておらず、シティを捉えてみせる!という闘志を燃やしています。

シモン・ミニョレの言葉については、エコーが報じていますので、この場では私なりに、まとめてみたいと思います。

(Simon Mignolet)

シティは現時点で、とても上手くやっているね。
彼等は、高いクオリティーを持っている。

だけど、プレミアリーグは、長い旅だ。
まだ、先は長いよ。

ウェストハムに勝利したことで、ぼく達は他チームとの差を縮めることができた。
忙しい冬の間に、何かが起こり得るさ。

チャレンジャーになることが、ぼく達に課せられた責任だ。
そのために、トライしていこう!

おっ!ミニョレ、逞しいですね。

ぜひ、ディフェンスラインの最後方から、リーダーシップを発揮してほしいと思います。

諦めた時点で、おそらく物事は終わるのでしょう。
今はまだ、その時ではない。

常に目標を見つけて、トライする。
その姿勢を保ち、プッシュし続ける。

リバプールが、すべきことは、実は非常にシンプルですね。
目の前の試合で、勝ち続ける。

1試合ずつの積み重ねが、きっと生きてくることでしょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]