フィル・ジョーンズが代表戦で負傷 ジョー・ゴメスに巡ってきたイングランド代表初キャップ


現地時間、金曜日の夜、ウェンブリーで開催されたイングランド対ドイツのフレンドリーマッチですが、試合はスコアレスドローで終了しています。
戦前、報じられていたのは、ジョー・ゴメスは、ドイツ戦では控えであり、火曜日のブラジル戦に出てくるとのことでした。
しかし、ファーストハーフのうちにアクシデントが起こり、それが結果的にジョー・ゴメスのイングランド代表デビューに繋がることになりました。

これは、試合中にマンチェスター・ユナイテッドのフィル・ジョーンズが怪我を負ったもので、試合続行は無理な状態に。
25分には、フィル・ジョーンズに代わり、急きょジョー・ゴメスがピッチインすることになりました。

まずは、イングランド代表デビューおめでとう!と、言いたいと思います。

イングランドは、またも負傷者を出すことになってしまいましたね。

フィル・ジョーンズが痛めたのは、左足の腿だそうです。
状況を見ただけで、判断をするのは難しいわけですが、もしかしたら、結構長引くようにも感じました。

偶然かもしれませんが、イングランドは、腿の怪我が多いような印象を受けます。
以前、アダム・ララーナも腿をやってしまいましたし。

急きょ、ドイツ戦に出場することとなったジョー・ゴメス。
こうなると、ブラジル戦では、予定どおりスタメンから出場するのか?
このへんの判断も気になるところです。

代表戦といえば、どうしても心配なのは、こういった怪我ですね。

リバプールのプレイヤー達が、全員無事に帰って来てくれることを祈るばかりです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]