モハメド・サラーがメディカル・チームのチェックを受ける(レスター戦終了後)

Mohamed Salah


誰も止めることができない。
そう表現したくなるほどに、モハメド・サラーの冴え渡るプレイは、観る人々を魅了しますね。
プレミアリーグ第21節のレスター戦でも2ゴールを決める大活躍を見せたモハメド・サラーですが、ちょっとしたフィジカルの問題が起きている兆候があるようです。

これは、ユルゲン・クロップ監督が、試合後に明かしたことで、LFCが公式にアナウンスしています。

セカンドハーフの途中で、ジョルジニオ・ワイナルドゥムと交代してベンチに下がったモハメド・サラーですが、そのときの様子が心配だったことから、メディカル・チームが、チェックを行ったそうです。

ユルゲン・クロップ監督によれば、今の時点では、正確なところは言えないが、しっかりとチェックをして、次節はどうするかを判断するとのこと。

私としては、仮にごく軽傷だったとしても、バーンリー戦は休ませてあげたほうがいいと思っています。

全力で走るシーンが多いタイプですが、ほとんど休みなしで来ましたからね。

1月1日に開催されるバーンリー戦の後にも、マージーサイド・ダービーあり、マンチェスター・シティ戦ありと、重要な試合が続くリバプール。
ここで、モハメド・サラーに無理をさせて、怪我を悪化させる手はないと思います。

おそらく、モハメド・サラーは、かなりスタミナもあり、タフなのでしょう。
それでも、1シーズンを通じて、良いパフォーマンスを発揮するためには、時には休養も必要だと思う次第です。

まずは、モハメド・サラーの怪我が、ごくごく軽傷であることを祈るばかりです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]