ライアン・ケントがリバプールへ帰還 フライブルクへのローンは打ち切りへ

Ryan Kent


以前も2度ほど触れさせていただきましたが、このたびライアン・ケントがリバプールへ帰ってくることが、公式に発表されました。
私としては、良い決断をしたと考えております。

今シーズンのライアン・ケントは、シーズンローンで、ブンデスリーガのフライブルクへ行っていましたが、なかなか出場機会が得られず、ブンデスリーガでは6試合出場(内先発は1試合)という状況でした。

これを受け、リバプールとしては、ローンを解消し、再度ライアン・ケントの成長を見ていく判断をしたということだと思います。

ライアン・ケントは、1996年11月11日生まれの21歳。
まだまだ、伸びしろは十分にあると思います。

切れのあるドリブルを持っているし、動きもシャープ。
相手ディフェンス陣を切り裂くだけのスキルも持っています。

特に、プレシーズンでのアグレッシブさは、私自身、非常に印象に残っています。

相手ボックス内に侵入し、大胆な仕掛けも出来るし、チャンスメイクをしてくれるタイプかと。

何より、あのひたむきに相手ゴールへと迫っていく気迫がいいですね。

フライブルクでは、思うようなチャンスがもらえなかったわけですが、それぞれのチームにプランがあり、監督との相性もあることでしょう。

ライアン・ケントは、リバプールのプレイヤーなのですから、また心機一転、あのダイナミックなプレイぶりを見せてほしいですね。

おかえりケント!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]