リバプールの補強候補とされてきたマックス・マイヤー(シャルケ)にアーセナルも関心を持っているとの報道も

Max Meyer


リバプールが、シャルケ所属のミッドフィールダー、マックス・マイヤー(ドイツ)獲得を狙っている。
という報道は、ずっと以前から言われてきたところです。
そのマックス・マイヤーに対して、アーセナルも関心を寄せていると見る筋があるようです。

マックス・マイヤーに関しては、ユルゲン・クロップ監督が高く評価をしているタレントだとされており、これまで何度となくリバプールの補強ターゲットの一人だとされてきました。

マックス・マイヤーは、1995年9月18日生まれの22歳。
いわゆるファンタジスタ・タイプだと言っていいと思います。

テクニックに優れ、両足を巧みに使えることも特徴のひとつ。

パスも上手く、司令塔としての役割も果たせるタレントかと思います。

リバプールが、マックス・マイヤーを狙っているという報道は、一昨年には既に浮上していたと記憶しています。
そこへアーセナルが割って入ってくるのか?

エコーなどが、そういった話題を取り上げていますが、シャルケとすれば、当然留め置きたいプレイヤーでありましょう。

リバプールか、アーセナルか。
今シーズンの順位も影響してくるでしょうね。

リバプールの補強候補としては、いろいろな名前が取り沙汰されていますが、果たして誰をメイン・ターゲットにしているのか。
早くも、夏の移籍関連の話題が踊るフットボール界。

リバプールとしては、チームにフィットするタイプを射止めたいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]