モハメド・サラーはマンチェスター・シティ戦(CLセカンド・レグ)からゴーか!


モハメド・サラーが病院でスキャンを受け、問題はなかったという話題については、今朝方ご紹介をさせていただきました。
そのときにはDailymailが一報を出していたのですが、その後エコーなども記事にしてきており、やはりオッケーなようです。
リバプールにとっては、本当によかった!というところですね。

ただ、明日開催されるグディソンパークでのマージーサイド・ダービーでは、リスクを冒すことはさせず、試合出場は、マンチェスター・シティ戦(CLセカンド・レグ)になるとの見方が大半のようです。

それであっても御の字ですね。

一応、今朝方書きましたものについては、次のリンクのとおりです。

『モハメド・サラーがスキャンを受ける マージーサイド・ダービーにも行ける状態とのこと』

まずは、シリアスな怪我でなかったことは、何よりでした。

モハメド・サラーは、欠かせないエースだし、トップスコアラー争いもありますからね。
さらには、様々な記録更新もかかっています。

今おもえば、マンチェスター・シティとのファースト・レグで、早めに決断をして、ドレッシングルームに下がったことが幸いしたのかもしれません。

シーズンも終盤となり、このところリバプールには負傷者が続出しています。
ここで、モハメド・サラーを欠くことになれば、あまりにも大きな痛手でした。

詳しくは、ユルゲン・クロップ監督の記者会見で説明があると思いますが、少し安心をすることができました。

むしろ、今心配なのは、エムレ・チャンの状態のほうかもしれません。
そこまで悪いならば、なぜドイツ代表へ合流してしまったのか?

過ぎたことだし、当時はそれほどシリアスな怪我だとは分からなかったのかもしれませんが、リバプールはアンカーに課題を抱えることになりそうです。

何はともあれ、モハメド・サラーの件は、朗報だと言っていいでしょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]