リバプールがタリスカ獲得レースをリードしているとの報道も


リバプールの補強候補としては、実に多くの名前が取り沙汰されていますが、ポルトガル筋の情報としてMirrorが報じるところによれば、タリスカことアンデルソン・ソウザ・コンセイソン(ブラジル)の獲得レースにおいて、リバプールがポール・ポジションにいるとのこと。

タリスカは、1994年2月1日生まれの24歳。
トルコのベシクタシュでプレイをしていますが、これはローンであり、本籍はベンフィカにあります。

タリスカにリバプールが興味を持っているという報道は、本年3月にも話題になったことがありました。
その際は、トルコ筋の情報だったかと思います。

タリスカといえば、やはり左足の技術が素晴らしいことが、まずあげられるかと思います。
ドリブルも得意としていますが、やはり左足から放たれるキックの精度が強味でしょうか。

もし、リバプールに加わることがあるならば、フリーキックを任せられる存在になるかもしれません。

以前、バイエルン・ミュンヘンと試合をした際には、あのマヌエル・ノイアーを相手に、直接フリーキックを決めたということも、結構有名な話かと思います。

仮定の話で恐縮ですが、もしタリスカがリバプールへ来ることになれば、ロベルト・フィルミーノ、ファビーニョもいるし、ブラジルのトライアングル完成となりますね。
いっそ、アリソンも三顧の礼で迎えますか。

まだまだ、リバプールの補強候補にまつわる噂は出てくることでしょう。

文字通り熱い夏がやって来そうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]