チャグラル・ソユンク(フライブルク)の代理人がアーセナルと具体的な話し合いに入っていると発言か

Caglar Soyuncu


過日のこと、リバプールのセンターバック候補として、フライブルク所属、チャグラル・ソユンク(トルコ)の名前が報道に浮上しているという趣旨のことを書かせていただきました。
チャグラル・ソユンクに関しては、プレミアリーグの数チームが関心を示していると言われていますが、そのひとつがアーセナルだとされています。

チャグラル・ソユンクは、1996年5月23日生まれの22歳。
空中戦に強く、スピードにも恵まれたセンターバックだとの評価を得ている若手プレイヤーだと言っていいと思います。

今回、チャグラル・ソユンクの件を記事にしているのはMirrorで、代理人がトルコのメディアへ向けて語った事柄に基づいてのことだそうです。

同代理人によれば、アーセナルからは具体的な話が来ているとのこと。
この時期なので、代理人によっては、いろいろな情報を出すケースもありますが、今回は具体的なチーム名を出しての発言になっていることが特徴と言えば特徴かと思います。

その発言の中で、「残っているのは移籍金の問題だけ」というくだりがありました。
ということは、チャグラル・ソユンク側としては、今夏での移籍を前提に考えているということでしょうか。

リバプールの補強に関しては、いろいろな意見がありますが、ジャーナリストによっては、センターバックの充実が優先という声もありますね。
このへんは、現場の責任者であるユルゲン・クロップ監督の考えが反映されることでしょう。

リバプールは、ゴールキーパーも補強ポジションだと言われており、守備の要にどうてこ入れをするのか。
ちょっと注目してみたいポイントではあります。

もし、リバプールが本気でチャグラル・ソユンク獲りに動くならば、結構良い勝負が出来そうだと、私は思いますが、他に候補がいるかですね。
現在は、ナビル・フェキルの件で、リバプール関連の報道は、ほぼ埋め尽くされていますが、他の部分もしっかりと進めてほしいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]