WBA戦でヘンド、イングス、オリギがメンバー入りする可能性浮上(ユルゲン・クロップ記者会見)

thumb_10134_default_news_size_5
先ほど来、プレミアリーグ最終戦、ウェストブロム戦へ向けたユルゲン・クロップの記者会見が行われています。
今回は、速報的に、クロップが語ったうち、負傷者の状況についてお知らせしたいと思います。

クロップが発表したところによれば、ジョーダン・ヘンダーソン、ダニー・イングス、ディボク・オリギの3人が復帰、メンバー入りする可能性も出てきたようです。
あとは、明日のトレーニングでの状況次第でしょうか。
しかし、朗報であることは間違いありません。
続きを読む

ジョーダン・ロシターが移籍の話し合いでグラスゴー入りか

rossiter-liverpool-jordan-arsenal-rangers_3465708
リバプール生まれの生え抜きであるジョーダン・ロシターですが、この夏にリバプールを去るという情報が増えてきています。
その状況を見る限り、ロシターの移籍は、ほぼ間違いないものと捉えてよさそうに思います。

スカイの見解では、既にロシターは、話し合いのためにグラスゴーにいるとのこと。
まだ、リバプールとの契約は若干残っているわけですが、レンジャーズ側が早い段階で決めたいという強い希望を持っており、既に動いているとのことです。

続きを読む

アーセナルがマリオ・ゲッツェ獲得でリバプールに対抗か メディアより

マリオ・ゲッツェ
いくつかのメディアが記事にし始めているので、ちょっとだけご紹介しておこうと思います。
バイエルン所属のマリオ・ゲッツェに関しては、リバプールとドルトムントが獲得を狙っている!とされてきましたが、アーセナルも獲得レースに参入する構えだとか・・・。

ベンゲル監督が希望しているとのことです。

誰を狙おうとも勿論自由ですが、もし本当にリバプールがマリオ・ゲッツェを欲しているならば、アーセナルが獲得レースに加わることで、移籍金が高騰することは歓迎できませんね。
続きを読む

スティーブン・ジェラード 奇跡の弾丸ミドルが生まれた日 FAカップ優勝の思い出

gerrardwwestham
2006年の今日、5月13日は、リバプールファン、スティーブン・ジェラードファンにとって、忘れられない日ではないでしょうか。

ウェストハムとのFAカップ決勝に臨んだリバプールは、試合展開としては劣勢に追い込まれます。
しかし、最終的に栄冠を勝ち取ったのはリバプール!
この日もまた、ドラマを生む男、スティーブン・ジェラードが、奇跡とも呼びたくなる劇的且つ素晴らしい弾丸ミドルを決めています。
続きを読む

ディボク・オリギ 「決勝出場のためにあらゆることをする!」

thumb_20046_default_news_size_5
マージーサイドダービーでの試合中に、足首の靱帯を損傷したディボク・オリギですが、回復は順調のようで、ユーロ本大会のベルギー代表にも選出されましたね。
そんなオリギですが、ヨーロッパリーグ決勝のメンバー入りを諦めてはいないようです。

オリギがピッチに入ると、前線の動きが活性化するし、可能ならフルタイムではなくてもいいので、ベンチにいてくれたら、リバプールとしても大助かりですね。
今回は、ヨーロッパリーグ決勝でのメンバー入りを諦めない!としているオリギ自身のコメントの一部をご紹介します。
続きを読む

リバプールの年間最優秀選手にフィリペ・コウチーニョ

thumb_21180_default_news_size_5
今シーズンも終幕へと差し掛かり、リバプールはプレイヤーズ・アウォーズの発表及び表彰式を行いました。

年間最優秀プレイヤーに選出されたのはフィリペ・コウチーニョ!
文句なしの受賞かと思います。

昨シーズンあたりから、コウチーニョは更に一皮むけた感があるし、とにかくシュートを狙う姿勢が顕著になってきましたね。
来シーズン以降、ますますゴール数も伸ばしていくと、私は確信しています。
続きを読む

マリオ・ゲッツェ獲得レースはリバプール有利との説も

mario-gotze
リバプールの補強候補として、かねてから話題になっているバイエルン所属のマリオ・ゲッツェですが、今シーズンにおけるバイエルンでの処遇を考えた場合、新天地を求める可能性は高いかと思われます。
さらに、ドイツ国内では、バイエルンの新監督に就任するカルロ・アンチェロッティの構想に、マリオ・ゲッツェは含まれていないという報道も出てきています。

そのマリオ・ゲッツェに関して、これはエコーが報じていることですので、差し引いて考える必要はあると思いますが、リバプールが獲得レースで有利な位置にいるともされています。

ユルゲン・クロップとの絆が生きるだろうということが、エコーの主張のようです。
続きを読む