バルセロナがユリアン・ブラントとマックス・マイヤーを狙っているとの報道も・・・


バルセロナ、嗚呼バルセロナ、バルセロナ。
来る日も来る日も、リバプールファンにとって、お騒がせなニュースを提供してくれているわけですが、今回はスペイン・メディア筋の情報だとしてExpressが報じるところによれば、もし1月にフィリペ・コウチーニョを獲得できなかった場合に備え、バルセロナは、ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)とマックス・マイヤー(シャルケ)の両獲りを狙っているとか。
いずれも、以前からリバプールの補強ターゲットの一人だと言われてきたタレント達ですね・・・。

いやはや、たかが報道ではありますが、こうも刺激をされると、こらーーー!とも、言いたくなり・・・・。。。

よく、スペインの巨人という呼び方をする場合がありますが、フットボール界のジャイアンとでも称したくなります。

まっ、噂ですからね。
というよりも、もし記事にちょっぴりでも信憑性があるのならば、バルセロナは、1月にコウチを取れない可能性もあると見込んでいるということでしょうか。

リバプールとしては、シーズン途中である1月放出は、無論拒否する基本スタンスでありましょう。

それにしても、バルセロナ。

日本の気候も、めっきり肌寒くなり、もうすぐ冬の移籍市場が巡ってきます。

また、あのハラハラな日々が来るのでしょうか。

リバプールとしては、早いところコウチ残留を確定させ、新戦力の補強を急ぎたいですね。

既に、数人のターゲットとされる名前が浮上してきていますが、果たして誰がやってくるのか。

いずれにしても、バルセロナへ売るようなプレイヤーはいないと、私は思いたいと・・・。

1月こそは、じっくりと補強をしたいものであります。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]