ライアン・ブリュースターの怪我は足首靱帯損傷か


U17ワールドカップで、イングランドを優勝に導いたリバプール期待の若手ストライカー、ライアン・ブリュースターですが、先週金曜日に開催されたU23の対マンチェスター・シティ戦の試合中に怪我を負うというアクシデントに遭遇しています。
ファーストハーフ終了間際に怪我を負ったもので、ストレッチャーで運び出される姿が痛々しく。

ライアン・ブリュースターは、その日のうちに病院へ行っていますが、今後どうするか?について、リバプールはまだ結論を出すに至っていないようです。

BBCなどが報じるところによれば、ライアン・ブリュースターの負傷は、足首の靱帯損傷だと見られている模様。
ただ、たとえば手術が必要かどうか?など、具体的な措置を決定するには至っていないようです。

ちょっと心配な状況ですね。

ライアン・ブリュースターは、2000年4月1日生まれの17歳。
文字通り、リバプールでの将来が嘱望される金の卵です。

リバプールだけではなく、イングランドにとっても大切なタレントだけに、しっかりと完治することを祈るばかり。

大きな怪我を負ったとき、フィジカルだけではなく、メンタルのケアが大切だとは、医療関係者の方から聞いたことがあります。
そういうことに関しては、リバプールも相当なノウハウを持っていると思いますし、いろいろな形でライアン・ブリュースターを支えてあげてほしいですね。

ジョー・ゴメスやダニー・イングスなど、大きな怪我を経験し、克服してきた先輩もいるし、助けになってあげてほしいところです。

才能あふれる若きエースだけに、心から完治を願います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]