ポルト対リバプール戦(チャンピオンズリーグ)の結果と感想


先ほど、チャンピオンズリーグのポルト対リバプール戦が終了しました。
試合結果は、0-5のクリーンシートで、リバプールが圧勝を飾っています。
5本のアウェイゴールを決めたことは、実に大きな成果ですね!

まず、リバプールの得点経過からまとめておきたいと思います。

■25分:サディオ・マネ

■29分:モハメド・サラー

■53分:サディオ・マネ

■69分:ロベルト・フィルミーノ

■85分:サディオ・マネ

ご覧のとおり、サディオ・マネが見事にハットトリックを達成しています。
おめでとう!

先制ゴールとなったサディオ・マネの得点は、ジョルジニオ・ワイナルドゥムが放ったシュートが相手ディフェンダーに当たり、こぼれてきたボールをサディオ・マネが右足で決めたものでした。

モハメド・サラーのゴールですが、ジェイムズ・ミルナーが放ったミドルがゴールポストを叩き、跳ね返ってきたボールをモハメド・サラーが鮮やかなコントロールをしフィニッシュまで持ち込んだもの。

53分にサディオ・マネが決めたゴールは、カウンターからロベルト・フィルミーノがシュート!
ゴールキーパーがはじいたところをサディオ・マネが狙っていました。

ロベルト・フィルミーノのゴールは、左サイドからあがったジェイムズ・ミルナーが絶妙のクロスを供給し、ボビーがゴール前でしっかりと決めたもの。

さらに、サディオ・マネのハットトリック完成となったシュートは、ゴールほぼ中央からの強烈なミドルでした。

国内リーグでは無敗を誇るポルトも、リバプールの攻撃陣に圧倒された形の試合となりました。

アウェイゴールで5得点、しかもクリーンシートという結果でセカンド・レグでは、アンフィールドへ帰るわけで、余程のことがない限り、リバプールのベスト8進出は、事実上決まった!と、言っていいでしょう。

雨も降る中、アウェイのピッチという条件でしたが、そんな不利な条件を感じさせることもない完勝だったと思います。

ディフェンス面も、最近は落ち着いてきましたね。

いい試合を見せてくれました。

なお、リバプールは3人の交代枠を使っています。

■74分:ジョーダン・ヘンダーソン→ジョエル・マティプ

■80分:トレント・アレクサンダー=アーノルド→ジョー・ゴメス、ロベルト・フィルミーノ→ダニー・イングス

僅かな出場時間でしたが、ダニー・イングスは、サディオ・マネがハットトリックを決める際に、丁寧なパスを出しており、貢献したと思います。

気持ちのよい試合でした。

見逃してはいけないのは、これでリバプールは、サウサンプトン戦に続いてのクリーンシート達成ですね。
チームの成熟度が向上してきたことを感じます。

これから、もっと勢いに乗って、素晴らしい残りシーズンを送りましょう!

グッジョブでした。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]