スティーブン・ジェラードのレンジャーズ監督就任が間近か 最初の補強候補はマルティン・シュクルテルだとも


既に、いろいろご存知の皆様もいらっしゃると思いますが、スティーブン・ジェラードが、レンジャーズの監督に就任すると見られており、正式に決まるのも間近と言われています。
多くのメディアが、この件を報じており、今言われているのは、ガリー・マカリスターがアシスタントとして新体制に入るということでしょうか。
さらに、早くもスティーブン・ジェラード新監督にとっての最初の補強の話も浮上しているようです。

Daily Recordからの情報として、Mirrorが報じるところによれば、スティーブン・ジェラードがレンジャーズの監督となり、まず最初に補強候補として考えているのが、かつてリバプールでプレイを共にしたマルティン・シュクルテルだとしています。

マルティン・シュクルテルについては、今更私がご説明をするまでもないと思いますが、現在はトルコのフェネルバフチェで活躍をしています。

スロバキア代表でもあるマルティン・シュクルテルは、1984年12月15日生まれの33歳。
センターバックとしての力量や特徴は、スティーブン・ジェラード自身が、熟知しているだろうし、あとはクラブの規模や資金面を考えてのチョイスだろうと思います。

まだ先の話ですが、今後リバプールが、若手プレイヤーをローンで出し、経験を積ませようと思うとき、スティーブン・ジェラードがレンジャーズにいれば、スムーズに話が進みそうですね。
今、リバプールに在籍している若手達のことは、スティーブン・ジェラードが、よく分かっているでしょうから、むしろリクエストが来る場合もあり得るかもしれません。

監督という役割も、経験が大切な部分が多々あるかと思います。
いつかは、アンフィールドで指揮を執ってもらうことを願って、スティーブン・ジェラードが、その一歩を踏み出すのであれば、私も応援したいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]